バイク買取

バイク買取の基礎知識:バイクをキレイに掃除するメリットと方法

バイク買取

長年大事に乗ってきたバイクを手放すことになったのであれば、高く評価をしてもらいたいものです。いい査定を出してもらえれば、そのぶん手元に入ってくるお金も多くなりますし、それだけの価値があると思ってもらえたということですので、うれしくもなります。大事に乗ってきたバイクだからこそいい評価をしてもらい、納得の上でバイク買取をお願いするといいでしょう。バイク買取の査定に出す前には、バイクの掃除をするようにしておきましょう。

 

買取をしてもらったらそこから業者が掃除をしてきれいにするのですから、自分できれいに掃除をしておく必要はないと思いがちです。しかし掃除をしてから査定に出すのはメリットがあります。きれいに掃除をしておけば、それだけ大事に乗られているという印象を与えられるようになりますし、いいバイクに見えるようになります。
すす汚れたようなバイクでは、点検なども怠っていたと思われてもいけませんし、どこかに不良な点があると思われてもいけません。印象が悪くなることによって、査定額は下がる可能性がありますので、きれいにしておかなくてはならないからです。掃除をしたからといっても、それで何十万円と評価が上がるわけではなかったとしても、数万円や数千円のアップは期待できます。

 

時間をかけてきれいにすることで、それだけ金額が上がるのであれば、いい収入になるでしょう。査定額が低くてがっかりするのは嫌ですので、査定前にはできることをしておくようにしなくてはなりません。バイクの掃除方法としては、水でしっかりとほこりや泥などを落とすようにし、細かい部分はブラシなどを使ってほこりを落としていくようにします。細かい部分にほこりが残っているとあまりきれいには見えませんので、細かい部分まで手入れをするようにしておけばい印象は良くなります。ハンドル部分はよく目に付きやすいところですので、念入りに掃除をしておいた方がいいでしょう。

バイク買取の基礎知識:バイク型とスクーター型の違いについて

バイク買取

バイクというと、マニュアルトランスミッションの自動二輪車が一般的なものとなります。バイク買取の車種は大きく分けると、バイク型とスクーター型に分けられます。このうちバイク型とは、シートをまたいで座り、道を曲がったりカーブする道を通る際には、体を曲がりたい方向に倒して曲がります。一方のスクーター型とは、またがらずにシートに座るタイプであり、ハンドルを曲がりたい方向に動かして曲がります。エンジンが座席の真下にあるのが特徴で、前方には靴底をべたっとのせることができるスペースもあります。この2つのタイプを各メーカーが販売しています。

 

バイク買取に関しては、同じ排気量で同じ年式、バイクの状態が同等程度の場合には、スクーター型の方が高値が付く傾向にあります。その理由としてはバイク型とスクーター型の違いに関係しています。

 

スクーター型には、座るシートの下が収納スペースになっていることがほとんどです。この収納スペースがあることで、荷物が多い場合や、買い物をたくさんした場合にも、非常に便利に利用できます。バイク型の際には、収納スペースは存在していません。もしも荷物入れが必要な場合には、自分で荷物異例の専用ケースをそなえつける必要があります。そのほかにもバイク型は二人乗りをした際に揺れがひどく安定して乗ることができません。長距離を走るにはあまり向かないと言えるでしょう。スクーター型は、座るためのシートは長いので、たとえ二人乗りをしても9安定して座ることができます。これにより長距離でも疲れることはないでしょう。そして運転の方法にも違いがあります。スクーター型はアクセルを手前にひねることで、スピードを出すことが可能です。しかしバイク型は、ギアを変える必要があり、手動でギアを変えなくてはなりません。これらのことから、バイク買い取りの際には、スクーター型が需要が高く、値段も高く売れる可能性が高いといえます。

バイクの書類をなくしても大丈夫?:バイク買取でありがちな悩み特集!

バイク買取

もう不要になったバイクを処分したいという時に、廃車にするよりもバイク買取業者に引き取ってもらうほうが経済的にも恩恵があります。バイク買取を依頼する場合には、品物と現金を交換して終わりというわけではなく、必要な書類を揃えて所有権を移す事が必要です。必要となる書類としては、自賠責保険章、標識交付証明書、軽自動車届出済証、自動車検査証などになります。これまでバイク同様に書類も大切に保管していたのであれば、この手続は問題なく執り行うことが出来ますが、ときに書類を紛失してしまうことも起こりえます。そうなったときには、もうバイク買取を依頼出来ないのかというと、そういうわけではありません。

 

前述の書類は、所有者の住所と氏名さえわかっていれば、再交付する事が可能だからです。ただし、この所有者が誰かという点が問題で、バイクを購入するときにローンを申し込んでいる場合、支払いが終わるまでバイクはその担保となってしまいます。つまり、所有権はバイク買取を依頼する人ではなく、購入した店やローン会社にあるのです。ですから、ひとまず所有権が設定されている店やローン会社に連絡をして、所有権を移転するためにはどうsるえばよいのかということを問い合わせておいたほうが良いでしょう。

 

ちなみに、再交付の手続きはバイク買取業者がやってくれるのですが、その手数料は業者が負担してくれることが多いです。でも、自分で書類を揃えて起きたいというのであれば、印紙代や用紙代、住民票を取り寄せるための郵送代などを負担しなければいけません。なお、自賠責保険証については、紛失してしまうとどこの保険会社かわからないということも考えられます。そのときには、店に問い合わせれば取扱っている保険会社はわかることが多いので、尋ねてみましょう。人から譲られたバイクなので、購入した店がわからないということであれば、費用はかかりますがバイク買取を行う前にあらためて自賠責保険に加入しておきましょう。

バイク買取の基礎知識:事故車と買取

バイク買取

バイク買取で事故車だと売る事ができない、廃車するしかないと思いがちですが売却する事き可能です。まず事故車と言いましても故障して動かなくなった場合、水没、火災、過走行と種類があり、修復すればまた乗れる場合と乗れない場合にも分かれます。修復できる場合は修理歴があるバイクとして流通する事になり、骨格の構造が壊れていなくて、部品の交換や溶接などで修正できるものであれば買取価格は大きく下がってしまいますがバイク買取できないという事はありません。簡単に修復できるバイクになるほど取り扱ってくれる業者も多く、ほとんどの場合問題なく買い取ってもらえます。

 

ここで問題になるのは修復するのが困難で廃車に近い事故車になります。もうほとんど動かなくて修理するのも難しい場合ですけど、こういった時に買い取ってもらった方が処分する手間もなく楽です。しかし、一昔前までは修理費用を考えて処分した方が良いという場合は買い取ってもらう事がではなかったですが、廃車寸前の場合でも買い取ってくれる専門業者が増えています。その手の業者は事故車買取といった看板を掲げている事が多く、一般のバイクとは別にしっかりと査定して買い取ってくれます。今の時代はパーツにも価値があるなどバイク本体だけを見ているのではありませんので事故車で廃車寸前だからといった無料引取り等を利用すると損をしてしまうケースも存在しますので、専用の買取業者に査定してもらう方が良いでしょう。

 

事故車のバイク買取の場合でも一般的な買取と流れや方法は一緒だと考えていてください。多くの業者から比較して信頼できる業者を見つけて見積もり等をとり査定をして買い取ってくれる流れは同じです。だからこそ一般車の買取と同じように一括査定を利用して、なるべく高い値段で買い取ってもらう業者や評判の用業者を利用するのが良く、どんなバイクでもしっかりと査定してくれる業者を選ぶのが賢い方法となります。

バイク買取の基礎知識:純正パーツと買取価格

バイク買取

バイク好きにとって、楽しみ方のひとつにバイクの改造があげられます。自分の好きなように改造して、自分だけのバイクを楽しむという人も多いでしょう。しかしこのようなバイクの改造は、バイク買取の際には、マイナス査定になることが多く見られます。バイク買取業者によっては、人気のカスタムである場合には、プラス査定になることもあります。このようなバイク買取業者がいる中で、反対にこのような改造されたバイクの買取には消極的な業者が存在するのも事実です。このような業者に対して、適正な価格で買取を行ってもらうためには、純正パーツとセットで売却を行う必要があるといえます。純正パーツがなければ査定額が大きく下がる可能性もあり、たとえ改造されたバイクにの買取に積極的な業者であったとしても、純正バーツがあることは有利に働きます。そのためバイクを改造する際には、純正パーツはしっかりと保管しておくようにしましょう。

 

純正パーツがないとを買取価格が下がってしまう理由は、次に乗る人が限定されることにあります。改造は、個人の好みが色濃く表れるものです。その改造に魅力を感じる人でなければ、バイクを購入する人は現れないでしょう。そのため改造されたバイクはなかなか売れない傾向にあります。だれもが魅力的に思うような趣味のいい改造しているのであればまだしも、反対に個性が強く表れている改造の場合には、買取不可能と判断されてしまうこともあります。

 

一番高く買取価格が設定されるのが、フルノーマルの状態です。査定に出す前に、なるべく初期の状態に近づけるために、自分で取り付けを行っておくとよいでしょう。購入直後に大幅な改造を行い、純正パーツが新品同様で保管されている場合には、査定額が上がる可能性は高いでしょう。純正パーツは思わぬ高値が付くケースもあるので、自分が必要ないと判断しても、バイクを今後売却する可能性があるのであれば、純正パーツは手元に残しておくようにしましょう。

バイク買取の基礎知識:下取りと買取の違い

バイク買取

バイク買取で下取りと買取の違いになりますが、実は詳しくみると大きく違う部分がたくさんありますので注意が必要です。まずはバイクの下取りですが、主な目的としては新しいバイクに買い替えるためにショップで売却してバイクを買うというものになります。簡単に言えば古いバイクを引き着かえに新しいバイクの料金を値引きしてもらうものです。

 

下取りのメリットになるのが売却と購入が同時にできるので手続きが同時に行なえて時間も短縮できますので効率がとても良いです。同じショップで手続きしていますので納車されるまでの間に古いバイクが乗れるなどの移行がスムーズにできます。逆にデメリットになっているのが売却ではなく値引きになりますので新しいバイクを購入するのが前提であり、値引き率もそれほど高くない事が多いです。査定する時も新車に対しての値引きですから、どれくらいの金額での売却だったかが正確に分からないです。一方のバイク買取になりますが、こちらは売却して現金を得るといったハッキリとした目的があります。大きなメリットとしては買取専門業者がしっかりと査定をして相場を見て金額を出しますので買取価格が高くなりやすいです。買い取ったバイクは専用のオークションで全国に行き渡りますから地域や店舗の販売力や在庫に左右されづらく安定して値段になります。

 

このように目的と純粋な買取価格が大きく違っています。下取りの方がスムーズで効率が良いですが、少しでも高く売却したいという場合は売却と購入を別にした方がお得になる事が多いです。またバイクにパーツ等のカスタムをしている場合は、そういった細かい部分も査定してくれる買取専門業者の方がお得になります。
下取りはあくまでも新しいバイクを買ってもらうためのサービスになり、下取りをしたバイクを全国で流通させるのは稀になりますから価格差が生じてしまいます。それぞれのメリットを考えた上で、どちらがお得か簡単かで考えたら良いでしょう。